本文へスキップ

TEL. 052-364-9641

〒464-0833 愛知県名古屋市千種区大島町2-18

セミナー案内seminar


地方公会計制度セミナー(2015年12月18日)

 総務省公会計標準ソフト(固定資産台帳ユニット)がリリースされましたが、財務書類の作成並びに公会計制度の構築には会計手順と会計規則の作成が不可欠です。
 開始固定資産台帳の整備は進んでいますが、公会計ソフトに移行されなければ適正な減価償却計算も含めて完了しません。棚卸法による開始固定資産台帳は、次年度から複式簿記(誘導法)に転換しなければなりません。
 また、公会計の活用には、最適な公会計ソフトを使って実践的な公会計データを作成することが肝要です。
 そのため、地方公共団体の皆様には、公会計ソフトを使った実務面での財務書類の作成手順、活用方法について理解を深めて頂きたく今回のセミナーを設ける運びとなりました。

●内容
 1.「公会計ソフトで作る財務書類の作成手順」
   「公会計ソフトでできる公共施設マネジメント」
   「公会計ソフトでできる予算編成への活用」

    
    講師:一般社団法人 地方公会計研究センター 理事 青木 考憲 氏


 2.「標準ソフトとPPP」
   「公会計データの作成ポイント(重要機能)」
   「公会計データの活用方法」


    講師:株式会社システムディ 公会計事業部 課長 黒川 雅康 

→開催案内ダウンロード

 開催日時 2015年12月18日(金) 13:30〜16:30 (受付開始13:00) 
 対象  自治体関係者 (同業他社のご参加はご遠慮下さい)
 会場  ウィンクあいち (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
 アクセス ・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口  徒歩2分
 参加費
(税抜き)
 無料
 定員 50名 

新地方公会計推進セミナー(2014年8月20日) ※終了いたしました。

 平成26年4月30日、総務省研究会より、今後の新地方公会計の推進に関しての報告書が公表されました。
これまでの公会計制度の進展を踏まえた上で、今後進むべき基準が設けられ、固定資産台帳の整備、複式仕訳の導入への取り組みなど、重要な項目が再度検討され、報告主体の範囲も広がっていることなど特徴があります。
 また、H27年1月には制度推進に向けて、新たに要請がされる予定となっております。
地方公共団体の皆様には、改めて制度の目的や意義と併せて、かかる報告書の趣旨のご理解に努めていただけるよう、今回のセミナーを設ける運びとなりました。
 是非とも、万障繰り合わせの上、ご参加いただけますようご案内申し上げます。

●内容

 1.「今後の地方公会計の整備促進について」
    講師:総務省自治財政局財務調査課 公会計係長 山並 雄士 氏

 2.「習志野市の公会計 〜固定資産台帳の整備と活用の実践例〜」
    講師:習志野市会計管理者 宮澤 正泰 氏 

→開催案内ダウンロード

 開催日時 2014年8月20日(水) 13:30〜17:00 (受付開始13:00) 
 対象  自治体関係者 (同業他社のご参加はご遠慮下さい)
 会場  ウィンクあいち (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
 アクセス ・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口  徒歩2分
 参加費
(税抜き)
 無料
 定員 100名 



公共施設等総合管理計画セミナー (2014年6月9日) ※終了いたしました。

 高度経済成長時に整備した公共施設・インフラの老朽化が地方公共団体の大きな課題となっており、先進的な団体では公共施設マネジメント白書の作成や基本方針等の策定がなされているものの、全国的にはその取り組みは十分ではありません。
 本セミナーは「公共施設等総合管理計画」への理解をはかるとともに、公会計、健全化法、長寿命化計画などの関連についても理解・普及をはかるため開催することとなりました。

●内容

 1.「公共施設等の総合的かつ計画的な管理による老朽化対策の推進」
    講師:総務省自治財政局財政調査課長 原 邦彰 氏

 2.「インフラ老朽化問題は本当に解決できるか」
    講師:東洋大学経済学部教授・東洋大学PPP研究センター長 根本 祐二 氏 

 3.「固定資産台帳と公共施設等総合管理計画」
    講師:(社)地方公会計研究センター 専門委員 菅原 正明 氏 

 4.「公共施設マネジメントの実例」
    講師:株式会社公共ファイナンス研究所 代表取締役 阿部 博人 氏


 開催日時 2014年6月9日(月) 13:30〜17:00 (受付開始13:00) 
 対象  自治体関係者 (同業他社のご参加はご遠慮下さい)
 会場  ウィンクあいち (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
 アクセス ・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口  徒歩2分
 参加費
(税抜き)
 無料
 定員 150名 


地方公会計推進セミナー (2013年8月8日) ※終了いたしました。

 昨年来、公共施設の老朽化が問題となり、資産の更新費用が地方債の累積と並んで、地方財政の重大問題となっています。公会計は、この新しい課題へ対応する重大な使命を帯びることとなりました。
 時を同じくして総務省の「今後の新地方公会計の推進に関する研究会」も3年の大詰めを迎え、新しい方向が出されようとしています。

●内容


 1.「地方公会計の今後の推進について」
    講師:総務省自治財政局財務調査課 係長 山並 雄士 氏

 2.「新公会計4年間の経験を踏まえ、公会計の新しい展開を考える」
    講師:公認会計士/(社)地方公会計研究センター専門委員  中神 邦彰 氏

 3.「意見交換」

 開催日時 2013年8月8日(木) 13:30〜17:00 (受付開始13:00) 
 対象  自治体関係者 (同業他社のご参加はご遠慮下さい)
 会場  ウィンクあいち (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38)
 アクセス ・JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
・ユニモール地下街 5番出口  徒歩2分
 参加費
(税抜き)
 無料
 定員 100名 




バナースペース

株式会社ローカルマネジメント

〒464-0833
愛知県名古屋市千種区大島町2-18

TEL 052-364-9641
FAX 052-364-9651